機能性材料

みなさんの乗っている車を美しく仕上げ、乗る人を優しく包み込む。そんな乗る人を思いやる塗料を作るのが関西ペイントの仕事です。しかし、塗料だけではありません。関西ペイントは「塗料」で培った技術を元に、フィルム材料開発に挑戦し続けています。

ラップガード

新車を工場から皆様のもとへお届けするまで、塗膜の表面を保護するフィルム(ラップガード)。皆様がもし新車を買えば、工場で製造したばかりのピカピカ感で納車して欲しいですよね?このフィルムは、そんな塗膜の鮮度を保ったまま車を運ぶことを可能にしています。

ラップガードの説明

新車が製造されてから、皆様のお手元に届くまでには数日、場合によっては数週間かかります。その間に自動車は雨風にさらされ、作りたての塗膜がどんどん汚れていきます。そこで、関西ペイントが、皆様に作りたての新鮮塗膜をお届けできるように開発したのがラップガードフィルムです。ラップガードフィルムは特殊な無公害フィルム(燃やしても水と二酸化炭素にしかならない)と、やはり無公害なのりを使って作られています。ラップガードは、その役割から必要なときはくっついて、必要がなければ簡単に剥がすことが出来なければなりません。くっつきすぎても、くっつかなくてもいけないのですが、そこに関西ペイントの特別な技術力が生かされているのです。