営業部門(建築用塗料)
2015年入社

なかじま みつあき中島 光彬

経済学部 経済学科

商談は、相手との関係性がすべて

成果が目で見える仕事がいいと思い、メーカーを中心に就職活動をしていました。入社の決め手は、塗料のリーディングカンパニーでありながら少数精鋭のため、活躍できる場が多いと考えたからです。私が所属する部署では、マンションや戸建て住宅用の塗料をディーラーや工務店に販売しています。建築塗料は、製品に求められる機能もある程度決まっており、競合との差別化がしづらいため、営業力が鍵となります。クライアントのニーズを引き出し、それに見合った製品を提案するのですが、相手との関係性が大部分なので、若手の頃は名前を覚えてもらうために毎日がむしゃらに客先に通いました。それにより、自然と塗料の知識も習得でき、次第にクライアントの方から相談していただけるようになるなど、毎日通ったことが今でも私の基礎となっています。

塗料のゴールは、
現場で評価されること

当社は、業界内の知名度や信頼感も高く、営業しやすい環境です。しかし塗料は、販売することがゴールではなく、現地で塗られて初めて評価されます。塗布する場所との相性によっては剥がれや縮みが発生する可能性もあり、そこが塗料の難しさといえます。建築にはアフター工事があり、業者の方が工事後の経過を確認に行くのですが「関西ペイントの塗料は質が良く美しさを保っている」と現場でも高評価をいただいています。営業担当として毎日のように現場に通い、業者の方からの疑問に答え、リスクを予測する中で、分からないことは社内の技術担当者に尋ねます。各分野のプロフェッショナルが社内におり、専門的な見解やアドバイスを確実に得られ、クライアントの複雑なニーズに対応できることは当社ならではの強みだと思います。

自分の営業力が利益につながる

若手の頃から大きな案件を任せてもらえたことで、状況に応じて判断できる能力が身に付きました。大規模な販売店の担当になると、仕事の規模も大きく、複雑になります。求められるクオリティ高いです。しかし、他部署と連携しながら、クライアントに満足していただける提案ができたときの達成感は大きく、会社の利益に繋がります。重要な案件を前にすると身構えてしまいがちですが、「やりたいことをやってみろ」と、上司から背中を押された経験により、失敗を恐れず仕事ができています。今後は建築塗料におけるシェア拡大を目指しつつ、海外のマーケットも経験したいと考えています。世界中に挑戦の場があり、常に新しい目標を描けるところもこの会社の面白さだと思います。

関西ペイントの社風について
語ってください

会社全体で若手を育てていこうという組織風土で、必ず誰かが見ていてくれるので困ったときには周りから手を差し伸べてくれる環境です。ジョブトレーナー制度では、自分に近い立場の先輩が教育係としてついてくださり、親身に相談にのってくれるので成長が早いと思います。部署として熱く数字を追いつつも、評価基準は売上だけではなく、きちんとプロセスも見てくれる懐の深さがあります。