技術開発部門
2016年入社

まつさか ゆうこ松阪 裕子

理工学研究科 分子物質化学専攻

堅実に世界No.1を目指す
社風が魅力

化学に興味をもった中学生の頃でした。炭素や水素、酸素、窒素といったシンプルな元素の組み合わせで、さまざまなものを構成できることに面白みを感じ、いつか化学を使ったものづくりに携わりたいと思うようになりました。入社前に参加したインターンシップでは、塗料に使われる樹脂の合成から評価までを実務を通し教わったのですが、塗料は化学の知識によって機能を加えられ、生活にも役立つということを知り、強い可能性を感じました。入社の決め手は、企業研究での印象と、実際の職場の雰囲気とのギャップが少なかったこと。そして世界No.1を目指すという目標に対して堅実に成長を続けているところが魅力的だと感じたからです。また、結婚後も仕事を続けたいと考えている私にとって、先輩の女性社員が育休などを経て活躍している姿も後押しになりました。

製品設計を考え、
形にできる面白さ

私の所属する部署では、技術的探求をしながら製品開発も進めています。私は、建物の内壁用の塗料の開発に携わっており、主力製品の売り上げ向上に貢献するため、市場のニーズを反映させた塗料の設計を任せられています。この仕事の面白さは、組み立てた仮説を自ら実験・立証し、実際の製品設計に生かすこと。大学の研究とは違い、こうしたらもっと売れるのではないか、という製品設計のアイデアを考えて形にできる楽しさがあります。現在進行中の仕事は、立ち上げ時から担当しているため、特に思い入れが深いです。開発中、付与したい性能を達成できなかった時期がありました。それでも考えることを諦めずに色々な人とディスカッションをしたり、考えられる可能性を全て試してみたりして、ようやく突破できたときは大きなやりがいを感じました。製品化されるのが楽しみで仕方ありません。

環境に配慮した製品開発で、認知度向上を目指す

この仕事は幅広い分野の知識が必要になるため、今の自分が持っている知識だけではすぐに行き詰ってしまいます。しかし、社内には各分野の専門家が揃っているので、直接相談しに行って質問したり、アドバイスを求めたりすることで壁を突破できています。そんなとき、実習中に築いた他部署との人脈が大いに役立っているなと感じます。私も今後、得意分野をつくって先輩たちのように頼もしいスペシャリストになることが目標です。また、技術力と語学力を組み合わせて、グローバルに活躍できる技術者への道も模索しています。現在、塗料は一般的にあまりクリーンなイメージを持たれていないと思いますが、研究によって安全性も高まりつつあります。今後、環境に配慮した製品開発に取り組み、塗料のイメージ向上に努めたいと考えています。

プライベートで熱中していることを
熱く語ってください

旅行が趣味で、国内外さまざまな場所を訪れています。最近は、有休を使ってベルギーやクロアチア、チェコを周遊しました。職業病なのか、海外に行くとやはり建物の内壁に目がいきますね。海外では家の内壁を住人が自分で塗るケースが多いのですが、宿泊場所の壁がどんな仕上がりで塗られているか、つい観察してしまいます。会社のメンバーとも、夏には沖縄、冬にはスノーボードに行くなど仲が良く、毎回かなり盛り上がってとても楽しい思い出をつくれています。