生産技術部門
2014年入社

ふじはら しのぶ藤原 忍

工学研究科 機械工学専攻

大量生産に向けたスケールアップや製造プロセスを模索

私の所属部署では、研究や開発で完成した製品を大量生産するためのスケールアップや新規設備の設計を担っています。設備自体は、専門業者から取り寄せることが多いのですが、当社製品に適用したセッティングなど、新たな製造プロセスの模索も役割の一つです。この仕事の難しさは、目に見えないものをどう伝えるかということ。製造現場から研究・開発部門まで、さまざまな方たちと接する機会が多くある中、説明したいことを数字で出せればベストですが、出せないときは感覚的に分かりやすい説明を考える必要があります。私は大学院まで研究に没頭していたため、自分の常識は人の常識と思いがちで、入社当初はコミュニケーションの難しさに直面しました。今では、経験も蓄積され、すべての方に分かりやすく説明する力が身についてきました。

自ら構築した設計案の
実現する瞬間が醍醐味

私たちは設備を専門としているため、製品については開発担当者が詳しく、新設備の設計時には、製造現場の方や開発担当者など、多くの方の協力が不可欠となります。また、設備は現場の方にとって使いにくければ意味のないものになってしまうため、さまざま知見をいただき、設計に反映させます。その際に情報を取捨選択し、冷静に判断することを意識しています。以前、洗浄水を浄化する装置を規格の設定からすべて担当しました。設備完成後、試運転を行い、無事に終わったときには、自分の設計案が実現したんだ、と大きな達成感を得られ、個人的には特に思い入れが深い設備となりました。トライアンドエラーの連続でしたが、設備の設計段階から完成まで、すべてのプロセスに携われるのはこの仕事の醍醐味だと思います。

機械系出身の自分にしかできない役割

大学での専攻が機械系だったこともあり、新しい設備の研究に関して、化学系の知識を必要となる場面が多く、「自分でなければできない仕事がしたい」とくすぶっていた時期がありました。そんなとき新しいシステムを検討することになり、大量のデータを解析・編集するという作業をサポートすることになりました。データ量が多い解析で、プログラミングの知識を生かすことができ、自分に適した役割を見つけることができました。化学系の会社には数少ない機械系ということで、自分の知識を必要とされる分野では、主担当として業務を任されることが多く自信につながっています。もちろん、機械系だから化学に関する仕事をさせてもらえないわけではなく、幅広いジャンルを挑戦できる土壌があり、多彩な知識を深めることができるのも魅力です。

関西ペイントの魅力について
語ってください

異分野からの転身だったため化学の知識が不足していましたが、周りの先輩に助けていただけたおかげで乗り越えることができました。質問しやすい職場環境が問題解決を手助けしていると感じています。今は働き方改革の最中で、有給休暇を取得しやすくなったのがうれしいですね。育児中の先輩も臨機応変にスケジュールを立てられており、働きやすい職場です。長い歴史をもちながら、転換期にきちんと変化できているので、今後も成長が期待できる企業だと思います。

OTHER STAFF OTHER STAFF