R&D部門(基礎研究)
2016年入社

よしかわ ゆうじ吉川 雄志

工学研究科 共生応用化学専攻

塗料の主原料、
樹脂の設計・開発を担当

R&D部門では、塗料に求められるさまざまな性能を付与するため、塗膜の主成分である樹脂の設計・開発を行っています。自動車、汎用、工業のそれぞれの分野で、塗料に求められる性能も変わります。私は自動車分野を担当し、被塗物に防錆性を付与する電着塗料用の樹脂の開発をしています。当社が樹脂から開発する理由は、お客様のニーズに的確に応えるため。世の中には樹脂メーカーも存在しますが、求められる機能性を付与するためには、ゼロから開発することが必要です。実習中、樹脂部門へ配属されることが決まった際、先輩からいただいた「樹脂は塗料の骨格。樹脂によって塗料の性能も大きく左右する」という言葉が今でも大きな励みになっています。樹脂は塗料の根幹を支えているという意識をもって、日々取り組んでいます。

開発した製品が数十トンの
スケールで製造される喜び

この仕事のやりがいは、塗料にこれまでにない性能を付与する新しい材料を開発できること。電着塗料用の樹脂開発では、長年達成できていない要求性能がありました。従来のやり方とは異なるまったく新しい手法で樹脂の開発を実行し、成功したときの喜びは格別でした。しかし、それまでには多くの困難がありました。例えば、製造条件や管理方法。既存の方法を踏襲できないため、新しく設定する必要がありました。また、製品として採用されると、ラボのフラスコで合成していたものが現場で数トンから数十トンのスケールで製造されます。自分が開発したものが大スケールで製造されることは、企業で研究する技術者としての喜びの一つだと思います。

判断力が養われ、若手も成長できる環境

風通しの良さが当社の魅力です。大学時代の同期から「若手のうちはなかなか意見が通らない」といった話を聞くことがありますが、当社ではキャリアに関係なくディスカッションをし、可能性のあるアイデアは即採用してもらえます。自ら実験のプロセスを構築することで、次に何をするべきか、という判断力も養われるため、若手社員も早く成長できる環境だと思います。また、計画を立てて効率的に業務を遂行するという、メリハリのある働き方が社内に根付いているため、とても働きやすいです。創立100年を迎えた当社ですが、そこにあぐらをかくのではなく「次の100年のためにどうしてくべきか」という視点のもと、新たな取り組みに挑戦しています。私自身も、日々さまざまな挑戦を続け経験を積んでいきたいと考えています。

プライベートで熱中していることを
熱く語ってください

最近、趣味としてキャンプを始めました。自然の中で食べるごはんは不思議なほどとても美味しいです。自然は同じ場所であっても、日中と夜間で違う景色が見えますし、季節によっても表情を変えます。予報外れの雪によりテントが半壊し自然の恐ろしさを痛感することもありましたが、焚き火の音を聞きながら自然の中でのんびり過ごす時間は至福です。頭の中を一旦リセットすることで、次の研究に向けたいいリフレッシュになっています。

OTHER STAFF OTHER STAFF