電子材料

ユニークかつ独自性を持った関西ペイントのレジスト材料

進化を続けるデジタル家電や情報通信機器の生産現場では高機能化とトータルコストの低減がこれまで以上に求められております。そのため、電子回路部品や電極等を形成するプロセスにおいては、歩留り向上や、納期短縮、設備のコンパクト化が重要となってきます。また、全く新しい材質や構造のデバイスの設計も必要となります。

関西ペイントでは、これらの市場の変化への対応として、塗料技術を効果的に活用しつつ、新たな発想のもと各種レジスト材料の開発に取り組んでおります。ユニークで独自性を持ったレジスト材料で新たな生産プロセスへの貢献を目指します。

高精細スクリーン印刷エッチングレジスト「アレスSPR」

高精細レジストパターン印刷を追求したエッチングレジストです。線幅30μm形成を実現し、スクリーン印刷でのモノ作りの可能性が広がります。

熱硬化型スクリーン印刷ソルダーレジスト「アレスKPSR」

大幅な工程短縮が可能になるパターン印刷型(熱硬化型)のソルダーレジストです。折り曲げ性と耐薬品性を両立しており、フレキシブルプリント配線板(FPC)の立体形状加工をサポートします。

高精細スクリーン印刷メッキレジスト「アレスSMR」

部分メッキ(2色メッキ)への適用が可能なパターン印刷型のメッキレジストです。中性無電解メッキ浴への成分溶出抑制とアルカリ水溶液(NaOH)での易剥離を両立しており生産性向上に貢献します。