社長メッセージ

ご挨拶

関西ペイント株式会社 代表取締役社長 毛利訓士

当社は2018年の創立100周年を機に、新たなグループ企業理念とグループブランドを策定し、次の100年に向けてスタートを切りました。

当社グループのコアビジネスである塗料は、私たちの暮らしのなかで様々なものに塗られ、素材を保護して長持ちさせ、美しい色やデザインで価値を高め、特別な機能の付与により、便利さや快適さ、安心・安全を創出するといった役割が普遍的に求められています。
これにより、塗料産業は、グローバルに見ると新中間層人口の増加、それに伴う住宅やインフラ設備、工業化の進展、モータリゼーションなどにより成長産業として、需要はさらに拡大していくものと考えています。

一方、私たちを取り巻く環境は、非常に早いスピードで大きく変化し続ける大変革の時代に突入しています。これまでの常識にとらわれない考えやニーズが生まれると同時に、新たな課題への対応を求められてきます。
こういった認識のもと、近未来、加えて、中長期的志向を持ち合わせ、塗料を主とする既存の事業での貢献と新たな事業領域での貢献を両立し、人と社会の発展を支える価値を提供し続けていくことで、私たちも持続的な成長の実現に邁進していきます。
関係各位におかれましては、今後とも、何卒変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2019年4月1日
関西ペイント株式会社
代表取締役社長 毛利訓士